クリニック 仕事

与薬の技術

病院では、様々な投薬がありますよね。

 

経口による内服薬はもちろんのこと、経皮吸収剤や、軟膏や点眼などの外用薬があります(´・Д・)」

 

経口からの薬剤は、胃腸で分解され、胃や小腸から吸収されます。

 

肝臓に入ると、そこで一部が代謝され、代謝されなかったものは大静脈に入ります。

 

そこから組織へ分布し、腎臓から尿中へ排泄されるのです。

 

 

投薬する際は、患者さんの年齢、体重、病態、体質、耐性、排泄機能などによって投与量が変わってきますね_φ(・_・

 

 

投与する方法としては、経口の他に、注射、塗布、点眼、吸入、経直腸などがあります。

 

経口投与の際、カプセルは食道に貼り付いて潰瘍を起こすことがあるため、多めの水分で服用してもらいます。

 

舌下錠は、口腔粘膜から吸収されることで薬効を発揮するため、飲み込まないように促します。

 

注射には、皮内注射、皮下注射、筋肉内注射、静脈内注射があり、吸収速度に違いがあります(´・Д・)」

 

吸収速度は、
静脈内→筋肉内→皮下→皮内
の順になります。

 

筋肉注射は吸収促進のため、穿刺部位のマッサージを行います。

 

抗がん剤を注射する際は、血管外に漏れると組織の壊死を起こす危険があるため注意が必要ですね(;´Д`A

 

塗布や貼付薬は経皮吸収になり、角質層を透過するものと、毛穴などの付属器官を通るものがあり、吸収率は個人差があります。

 

点眼を行う際は、容器の先端が手や眼瞼に触れないよう注意が必要ですね。

 

経腸剤は、直腸粘膜から吸収される薬剤です。

 

下剤薬や解熱剤、吐き気止め、抗痙攣薬などがありますね。

 

可能であれば患者さんに息を吐いてもらうと楽に挿入できますよd(^_^o)

 

どういった薬でも、副作用が起こる可能性がありますから、投薬後は注意が必要ですね。